Menu
Home
Greetings
あいさつ 1
あいさつ 2
Language
言葉づかい 1
言葉づかい 2
communication
方法・手段
報告・相談
Expert
お仕事達人の10項目
リンク
PR_リンク
名古屋駅前の会議室が格安で
名古屋駅から徒歩3分。桑山ビルの貸し会議室。
会場レイアウト無料で行います。
Language 2 社会人としての言葉づかいについて紹介します。これらはほんの一例です。
 
避けるべきあいまいな言葉づかい
「もしかしたら」、「だいたい」、「たぶん」「~かもしれない」「~ですが...」「~な気がします。」
これらのようなはっきりとしない言葉は避けましょう。多用することで、相手からの信頼度が低くなってしまうでしょう。もしその場で回答できないのであれば、「申し訳ございません。わたくしではわかりかねますので、後ほど改めてご連絡させていただければ幸いです。」と、いったん打ち切るのがいいでしょう。
 
耳障りな言葉づかい 女性の話
「~とか」、「~っていうか」、「~的には」「超~だし」、「~みたいな」などなど。
このような若者言葉は仕事をする上で非常に幼稚な印象を与え目上の人からいやがられます。また語尾をのばす話し方もやめましょう。
 
受け取り方が異なる言い方はしない
「ちょっと」、「少し」、「けっこう」などといった、人によって感覚の違う表現は避けましょう。「それほど大きくないです」といった表現も、「携帯電話くらいの大きさです」と、共通の認識のできるものを例にあげるとわかりやすいでしょう。
 
専門用語やカタカナを使いすぎない 仕事トーク
話す相手が同業者で同じような言葉に慣れている人ならOKですが、異業種の人と話す場合には、専門用語やカタカナばかりで話すのはやめましょう。常に相手の立場に立って行動や発言をするのが”マナー”といえるでしょう。